toggle
万物は振動! 自然に畏敬の念と感謝をもって、音色を映したい。
2020-02-10

極寒だけど❣️ 爽やか冬まつり


旭川に移住してから、ずっとこの冬まつりのイベントだけは・・・と気付けば5回目になりました。2016年からずっと参加させていただいてます。

「寒いんだから無理しなくていいんじゃないですか?皆さんカラオケで歌ってますよ」

良く、北海道人に 特にメディア絡みの方に言われます。

「バカ言ってんじゃないよ‼️」

カラオケで歌うくらいなら、わざわざ出ませんわ‼️ 

はっ:(;゙゚’ω゚’):   ついに言ってもーたぁ。

ここだけの話ーーぶちまけーーー(爆)

という訳で、今年も氷点下20度前後の極寒ナマ演奏、旭川魂にかけて、勝手にマゾと化し頑張りました。



爽やかな青空です。河川敷特有の風もなく穏やかです。

吹雪の日もありました。昨年は、敷地をでた林道で車が凍って動かなくなりました。舞台裏は、もうーひっちゃかめっちゃか。それもそのはず、1年で1番凍れる時期な為、予測可能のでも、避ける事のできない珍事件が突如舞い込む時期でもあるのです。



僕の出番は、地元の方より、観光バスで来られてる方々が聴いてくださってるようでした。ロンドンの超有名人の奥様と、マネジャは会話したようです。勿論英語でーー。僕はっ できませーん(笑)日本語と音で会話します😅 残念ながらバス移動の時間はあっという間にきてしまったようで、肝心の! 肝心の「まほろばの光」と「ひかり・転生」は聴いていただけなかったようだーーー(ToT)/~~~  

旭川のひとは、聴いてくれたかなあああ・・・・・。

ケイオス幹部2号のしほちゃんも、札幌からかけつけてくれて、スタッフとして頑張ってくれました。有難いことです。こうして、無事、終わりました。


音むげん工房に戻るや否や、すぐに「ひろきの音塾」開始。そして、夜は美しい月明かり。かなり凍れての翌日、朝からいつもの除雪作業。昼近くなってもまだ氷点下27度をさす、凍れまくりの当麻秘境。

実は、2.10 の今朝、音むげん工房の母屋の給湯器が・・・凍れで、壊れて水漏れしていました。

ショック❗️



SNSなどへのシェアは、たまにしかしないので、「ブログ購読(無料)」にメルアドを登録してくださると嬉しいです。より、敦賀の想いを感じてください。(携帯メールでも読めます。

フォローしよう


SNSなどへのシェアは、たまにしかしないので、「ブログ購読(無料)」にメルアドを登録してくださると嬉しいです。より、敦賀の想いを感じてください。(携帯メールでも読めます。)
関連記事

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。