toggle
万物は振動! 自然に畏敬の念と感謝をもって、音色を映したい。
2019-09-19

これも低体温対策、山小屋の様な音むげん工房だから❣️

秋はあったのか? 台風とわずかな夏の陽射しがあったかと思いきや、もう冬の匂いがする。

もう冬物にかえなきゃ!  

夏物をしまい、秋物を着るまもなさそうなので、冬物へ入れ替えした。僕もマネジャも、長く住んだ東京仕様の身体にできあがっている。移住して四年目、日々をこなすのに懸命なうえ、北海道での冬の過ごし方も知らぬまま、目の前に起きることで学習してきた。わからなくて、聞く人もいなくて、泣きそうになった事もある(笑)。ここ最近、僕の音楽活動を応援してくれる人たちがでてきて、ようやく、そういった細かいことを教えてもらえるようになっているのが、とても嬉しい。

北海道の冬の生活をはじめて過ごすのには、本当にお金がかかる。本州では考えもしないことだらけ。車のタイヤやエンジンスターターや雪よけ、不凍液、家屋の冬支度、ママさんダンプや除雪機、冬靴、灯油、ホッカイロ、雪用の上着含む洋服、その他諸々で、ひとつずつ増やしていかないと、破産しちゃう状態。

下着もそうで・・・、今まで着用したことのない雪国仕様を購入して、それなりに乗り切ってきた。

こんな毎日で、僕もマネジャも この6月の一件がなければ、自分たちの低体温に気づかなかった。東京在住時には、36.5度が平熱だった僕は、まさか自分が低体温になっているとは思いもしなかった。四国での2年間なんて、燃えるように暑かったし。いろんな意味で、お知らせを受けたようで、有難いと思っている。なんでも、捉え方で前向きになれるよね!

そこで昨日、思い切って大奮発しました❗️

こんな高価な下着身につけたことがありません(爆笑)ファイントラックの下着も着用したうえで、このモンベル(宣伝ではありません(^◇^;))のを着て、今冬は頑張るぞという(≧∀≦)



何度も言いますが、ここは「現代版 北の国から実践地」( ̄▽ ̄) 

雪山でしのぐ山小屋! の様な「音むげん工房」での生活、と思った方が自然な状況。

ひろきの音楽事務所に訪れたことがある人は、その意味がわかるはず(笑)

9月19日今朝は 音むげん工房の敷地も5℃。

タイムリーです❗️ 昨夜 大雪山系黒岳(標高 2291m)1900m付近の避難小屋である黒岳石室で、初雪観測。朝6時には、5cmの積雪になったということです。   

来週のコンサートも寒いかもしれないね。あったかくして、いらしてね( ´ ▽ ` )


※ SNSなどへのシェアは、たまにしかしないので、「ブログ購読(無料)」にメルアドを登録してくださると嬉しいです。より、敦賀の想いを感じてください。(携帯メールでも読めます)

Follow me!

関連記事

コメント2件

  • 浮き玉でしこ より:

    はふはふ言っていた高温多湿はあっという間に過ぎ去り~。秋は超駆け足!そんなに急がなくてもねぇ~汗
    私は極暖ミートテック通年着用なので、インナーはごく普通の長袖1枚で充分w
    マンションは暖かいしー。
    でも、音むげんの冬はそうはいきませんね。やせ我慢はダメよ~。ストーブ着けて下さい。
    宣伝ではありませんが「無印良品」もオススメです。
    ウールブレンドのものが良い仕事してくれます。お値段は良品的!化繊のチクチクもないし。

    • otomugen より:

      浮き玉でしこ様
      天然素材のミートテック 羨ましい限りですが、僕は ミートテックあっても質が悪いのか、全然暖かくなかったです(爆笑)
      そして、むしろ今の方が、身体が快適で、体温もあがってきている感じがするのでした!!
      そしてそして、お約束の5kg減 とっくに到達し、一時的なのかと思いきや、なんと維持できて3ヶ月。
      昨年の秋に比べると、6.5kg減になっている次第です。情報ありがとう。いろいろ合うものを試して行きたいです。

  • コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。