toggle
万物は振動! 自然に畏敬の念と感謝をもって、音色を映したい。
2017-08-25

見えたよ!! 粟島、海ボタル観察会

さて・・続きです。

8月24日日中、岩佐邸にて、

「海ボタル学習会&ミニライヴ」終了後、

僕らは大急ぎで後片付けをして、

「自然状態の海ボタル」をみに、粟島へ。

今回は、天候もよい。風速も2m。

岩ちゃんの話だと、風速1m以下の無風状態

が、理想だという。

みれそうだな ドキドキしてきた。

ここ数年、ぐっと海ボタルの数が減っている。

それは何を意味するのか・・・・。

いろんなことを考えながら、僕らは船に。




(僕らは、須田→粟島 18:00発に)


一日に8本という汽船。



粟島。香川県三豊市の瀬戸内海の島です。

周囲が16km、あの漂流郵便局のある、

明治30年に日本初海員養成学校ができた

場所でもあります。現在、人口300人弱。

僕が2014年、初めて粟島にきて、海友荘に

宿泊し、ショーアップされた海ボタルをみた

海岸は西浜。上の地図をみてみてね!

 

そうそう。

2014年の粟島・西浜に行ったときの写真↓。



(もう3年前になるんだなー。粟島西浜)



(粟島。海友荘への道)



(僕の好きだった海友荘はもうないんだ)



(あきは、ゼリーみたいなクラゲに夢中だった)


懐かしいなあ・・・・(*^_^*)

・・・・・・・・・

と、物思いにふけてると、あっという間に

乗船時間だあああ。




3年かあ・・随分おっさんになったな(笑)



まあ・・・・

 

 

誰しも、年はくう。 

 

(笑)



約15分! あっという間に粟島!

元海友荘で、おいしいお弁当をいただく。

500円。かなり贅沢な内容です。





そして、20時ちょっと前に、懐中電灯の

あかりを頼りに、馬城海岸北側へ!

15分くらいかな・・歩いたの。



(粟島・馬城海岸北側)


砂浜について、足元を照らす懐中電灯を

全てけして、真っ暗な中水辺まで近づく。

・・・・・・・・。

 

 

・・・・・。

 

 

おお!

 

じんわりと、ひとつ・・ふたつ・・・

じっと暗闇の海をみていたら、次第に

海ボタルの放つ光が見えてきました。

数は少ないけれど。 海ぼたる。

携帯カメラじゃ無理。 

ひとつぶだけに的を絞って撮ってみた。


波に青白い閃光がゆらいでいく・・海ボタル)


ずっとみていたかったけれど、港へ。

もう汽船の最終が終わってるので、

海上タクシーを予約済みでした。

 

なんだろう・・・・。

 

言葉では表現できるものでないよね。

 

体感してほしいな。

自然破壊しないようにしながら。



先に遠くからいらした方をお見送り・・。

14人乗りだって。

岩ちゃんと、あきと、僕は、

第二便にのるので、

海上タクシーの皆を見送って、

港でしばし雑談しながら待ちます。

 


粟島から三豊・須田港へ帰る海上タクシー)


海上タクシーの水しぶきの中、感慨無量)


携帯カメラで、ほんの少し撮れたから

ビデオみてみて! 

海ボタルと波の音。

ありがとう! 来てよかった。

いのちを 自然を絶対に・・。

人間のエゴで破壊しないよう。


自然な状態の海ボタル@粟島・香川



ブログをメールで購読(ぜひ登録しくてね!)

メールアドレスを記入して購読すれば、

更新をメールで受信できます。

Follow me!

関連記事

コメント2件

  • 由紀 より:

    機会が有れば一度見てみたいですね

    • otomugen より:

      由紀さん こめんとありがとうございます!
      ぜひ、そんな機会をつくってみてほしいです。小さな生物に触れることで、宇宙規模までみつめなおすそんな起点にもなります。
      こちらにもご案内していきますので、たまにチェックしてくださいね。

  • コメントを残す