toggle
万物は振動! 自然に畏敬の念と感謝をもって、音色を映したい。
2020-10-16

声楽家・佐々木智美さんの世界と

2020.10.16 ひろきです。

昨夜、当麻秘境の美容室「かみごとの森」にいらした後に、旭川の声楽家・佐々木智美さんと初音合わせ❗️

楽しかった(*^◯^*)

やっぱり生音は違うo(≧▽≦)o .。.:*☆

のびにのびて、やっと昨晩会えました❤️

智「忙しいんでしょ?ミニコンやなんやら」

僕「っていうか、そうじゃないと滅ぶ〜❗️」

智「滅ぶ〜って、ウケる🤣。友人(演奏の)も言ってた全てキャンセルで、やっていけないって」

シビアな話なんだけど、笑いながらスタート。

実は、春先に曲制作(作詞・作曲・ピアノ編曲)のご依頼を受けていました。

商業ベースと個人さまからのご依頼と、僕はきっかり分けていて、我儘だけど、僕の世界観を愛してくださる方のご依頼はウケる、基!、受けることにある時期からしています。

智美ちゃんは、ざっくばらんで大らかな人で、僕のコンサートにも欠かさず足を運んでくれる。僕もメサイヤ、教会での演奏会など、彼女のソリストの場に出向くたびに、「なんてあたたく包み込むような声楽家なんだろう」といつも感じているのです。とても好きです。

なので、二つ返事でオッケー。普段は1〜2週間が目処な曲制作ですが、「のんびりでいいよー」という彼女に甘え、ゆったりと創る流れに。

にしても、のびすぎだろ!! それもこれも、コロナが原因と言って過言ではない。

そんな経緯ではじまった曲制作ですが、僕は一つ提案をしました。

「作詞は、智美ちゃんがいいと思う」と。

だって、歌い手さんですもの。歌で伝える人ですもの。



そして、コロナ禍会えない二人は(笑)ZOOMやメールでやりとりをし、ようやく最終段階に来て初音合わせ。

「桜色の風に」

唄;佐々木智美

作詞;佐々木智美、作詞補佐;敦賀ひろき

作曲・編曲;敦賀ひろき




いい❣️ 絶対 いい❣️

コロナ禍に生まれた、声楽家・佐々木智美の「桜色の風に」、聴いてほしい。

まずは、旭川のひとたちから。聴いてくれよー。

きっと回を重ねるたびに、曲は熟して、聴いてくださる方の人生に触れて、何度も生まれ変わっていくと思う。

僕は、そう信じています。

ありがとう。智美ちゃん。この時期に僕に声をかけてくれて。

さーーて、綺麗?にスコア仕上げて、お渡ししますよ😊

フォローしよう


SNSなどへのシェアは、たまにしかしないので、「ブログ購読(無料)」にメルアドを登録してくださると嬉しいです。より、敦賀の想いを感じてください。(携帯メールでも読めます。)
関連記事

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。