toggle
万物は振動! 自然に畏敬の念と感謝をもって、音色を映したい。
2020-01-23

百四年の家をプチDIY

香川県滞在中、お世話になっている「岩佐邸」です。環境を語り合う場があり、演奏依頼いただいてます。

1/25(土)14時(13時半open)-15時半

「温故知新 百四年の家の集いNO7」

〜敦賀ひろきミニライブ付き海ボタル学習会〜

タイトル:わたしたちの愛しい荘内半島

参加費 1,500円

場所  香川県三豊市豊中町岡本

申込  080−2989−4013

主催  岩佐


ということで、ガラス戸のない即障子の扉が、暴風雨により外も内もない状態になっているので(爆)、

やったよ❗️讃岐でも  D❗️I❗️Y❗️\(^o^)/

例のごとく、できるだけあるものを使って資金をかけずに創意工夫(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾




ふふふ! 

ビニールにしたのよ。ガラス戸の代わりに。

そして、この光と影のコントラストを殺さないために、障子のついたてを置いたのだ。本当は1番外側に網戸の部分も作って差し上げたかったけれど、はっきり言って体力と時間がないので、この旅ではここまで。また機会があればだね。(笑)

 

そして、いつも応援くださっている最高に美味しいお蕎麦屋さんに出掛けました。お庭やお花への愛情もたっぷりです。勿論お蕎麦も。僕は、ここ「まちだ」さんの発芽蕎麦(八ヶ岳産)の大ファンです。粒々とモチモチと両方が混じり合った栄養たっぷりのお蕎麦。ご馳走さまでした。



是非、お立ち寄りくださいませ♬ 

更科手打ち十割蕎麦 まちだ

香川県三豊市山本町大野2855−4


SNSなどへのシェアは、たまにしかしないので、「ブログ購読(無料)」にメルアドを登録してくださると嬉しいです。より、敦賀の想いを感じてください。(携帯メールでも読めます

Follow me!

関連記事

コメント1件

  • 浮き玉でしこ より:

    幼い頃毎年泊まりに行っていたおばの家がこんなでした。廊下には雨戸。毎日あけしめ。
    でも雨戸あけると、部屋との間は障子のみ!雨降ったらどうするの?って状態でした。
    音旅もいよいよ終盤ですね。お帰りをお待ちしております!

  • コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。