toggle
万物は振動! 自然に畏敬の念と感謝をもって、音色を映したい。
2020-01-20

魂の故郷・讃岐で

2020.01.19 香川県高松

昨日は、高松@サンポート高松第2リハでコンサートだった。

いつも思うのが・・・・

僕にとって「命の故郷が蝦夷」ならば、

「魂の故郷は讃岐」だと感じること。

ただいま。 

在住したのはたったの2年間だけど、僕の魂の記憶が、この土地に、出逢ってから未だ繋がってくれてる人に、安堵感を呼び起こす。「紫雲の風詩〜讃岐・瀬戸内海の夕暮れより〜」も本当に不思議な導きで生まれた僕の曲だ。



当日スタッフを、岩ちゃんとおうじがこなしてくれた。本当にありがたい。感謝です。

いつもいらしてくださる人。久しぶりの人。はじめましての人。その空間は、このタイミングで会える人が集う。音旅のセットリストが同じであっても、決して同じ空間にはならない。一期一会なのだ。

サプライズで突然いらしてくれた人もいた。感慨無量だった。アンコールに「大丈夫(部)でしょ」のリクエストがでて、久しぶりに歌った。ここまでの道のりが、走馬灯のように頭に巡った。

来てよかった。

もう無理かな・・・そう思いそうな時もあるけれど、やっぱり来てよかった。



ケイオス会員限定の集いもできた。高松駅まえのシンボルタワー。日曜の夜は閑散としていて、とても静かだ。旭川もひと気がないけれど、高松も同じような空気。その中で、あたたかなひとときを過ごさせてもらった。

今を 一所懸命生きようぜ❗️

その積み重ねが、幸せなのだ。

そうそう、このサンポート高松の第2リハ室はね、象牙の鍵盤のフルコンなの(動物愛護的にはアウトだけど)。重ためで良く鳴るピアノ。それはいいのだけれど、鍵盤も蓋も汚かった(^◇^;)。ハンドタオルで拭いたら真っ黒になった。普段、使う人が少ないのかな・・・。大切にしてほしいなああ。余談だけどね。

そしてさ、「サンポート高松」のホールで、

敦賀ひろきコンサートをできるようにしたい。

魂の故郷・讃岐で。 


※SNSなどへのシェアは、たまにしかしないので、「ブログ購読(無料)」にメルアドを登録してくださると嬉しいです。より、敦賀の想いを感じてください。(携帯メールでも読めます)

フォローしよう

関連記事

コメント2件

  • 浮き玉でしこ より:

    高松コンサート、お疲れ様でした!
    て言うか、裸足ですやん!
    ビニールスリッパではペダル踏めないし、靴下滑るのもわかる。
    でしこもレッスンは10月まで裸足。
    何だか親近感が湧きました。
    ↑一緒にすな、ってね。

    • otomugen より:

      浮き玉でしこ様
      僕は俄然 裸足等です。本当は大ホールでもそうしたいところ(笑)

  • コメントを残す