toggle
万物は振動! 自然に畏敬の念と感謝をもって、音色を映したい。
2020-01-13

雪のない札幌で

旭川コンサート後、6日なんてあっという間だ。

実は、今年は初詣にすら行ってない。

でも、毎朝僕は、大自然に声をかけている。

全てに神が宿っている、そう感じているからだ。

 

日常の家族のこと、音旅不在中「ひろきの音塾」ができなくなるので代替レッスンをあてたり、手続きや所用を果たすだけであっという間に時間が過ぎていく。幸いだったのは、例年のこの時期は毎朝5時すぎから、約2時間半かけて敷地の除雪をしているのに、その必要性がなく、多少体力の温存ができたこと。

逆に、陽の日差しでゆるんだ雪が、朝方凍れて(氷点下20度近くになる)、つるっつるのアイスバーンに。なにがあるかわからないから、今回の札幌行きは、あさひかわ号に乗ってむかっていった。正解だった(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾



雪がない❗️ ここは札幌❓

本州に行っているような錯覚をおこす札幌の街中。

今年の春から秋と作物の成長が懸念されそうだ。生態系に影響は必ずでるだろうね。

 

応援会ケイオスの当日スタッフが、僕の意図を本当によく理解してくれていて、安心して音空間を創ることに集中できた。僕たちの会場入りから、お客様の開場までわずか45分間。この会場では、これしかとれないのだ。

僕がかつてやっていたミュージカル公演などは、前日に終日かけて仕込みやゲネプロ。当日も午前中に場当たり、照明、音響チェックなどこなしてから本番突入なのだけれど、ピアノ弾き語りを小さな会場で地道に拡げている今は、このタイトスケジュールが当たり前になっている。完全撤収も「夜逃げ屋か?」と思うほど、めちゃくちゃ速い(笑)そしてこの短い間にピアノに慣れる時間をとり、空間のボルテージを上げていけるのは、当日手伝ってくださるスタッフのお陰なのだ。本当に感謝している。

そして、迅速に、臨機応変に、笑顔で❗️はどの場合も必須。マニュアルどおりになんて行かない世界。何故なら「生きもの」だからだ。ベストを尽くし、それを楽しむことができるようになれば、最高だと僕は思っている。

64鍵しかない時もあったよな😅 不慮の事故で本番10分前に会場へ到着した時もあったよな😂 停電になってしまった時もあったあった😌 でも幕はあがる‼️  最高だぜーーい😊 そこで全てを出し切る❣️

人生と一緒だよね。



コンサート終演後は、札幌は二度目になった応援会ケイオス会員限定、親睦会」。少人数限定なので、より気持ちが近くなれます。ひとときを一緒に過ごしてくれてありがとう😊 気合が入ったよ😊😊

そうそう。本人がダウン、家族がダウン、職場の方がダウンとあっちこっちでインフル影響の声を聞きます。僕も予防マスクして歩いてます。皆さまも、油断せず気をつけてくださいね。

お時間をつくってご来場くださった皆さま、

一緒に音空間を創ってくださりありがとうございます。

そんな中、今週は音旅へむかいます❣️

ここをクリック ➡️ コンサートスケジュール


※SNSなどへのシェアは、たまにしかしないので、「ブログ購読(無料)」にメルアドを登録してくださると嬉しいです。より、敦賀の想いを感じてください。(携帯メールでも読めます)

フォローしよう

関連記事

コメント1件

  • 浮き玉でしこ より:

    お疲れ様でしたです!
    札幌連絡所は
    札幌コンサートが終わったその日から
    次に向けて
    どうapproach&actionを
    起こしていくか、練り練りねりねり~
    していかなければ!と
    決意を新たにしたのでありました。

    やっぱり「青シャツ」は萌えますね。
    ↑そこかいw

  • コメントを残す