toggle
万物は振動! 自然に畏敬の念と感謝をもって、音色を映したい。
2019-02-10

極寒ナマ演奏❗️@旭川冬まつり

2019.2.8 5馬力除雪機もこの寒波でいかれたのか・・エンジンがかからないまま。無残にも雪が。。。スタッフりえちゃんの兄貴が氷点下15度よりはるか低い状況下のガレージで、なんとか修理してくれようと励むが、安易にできない状況に。僕も今朝からピアノの練習どころでなく、外にいっぱなしで体も硬直。イライラもマックスに。でも、あきらめるしかない。あとは、深夜にこれ以上の降雪をしないことを祈るだけだった。夜も更けて、再びこの兄妹が助けに来てくれた。同じくらいの大きさの除雪機を貸しに来てくれた上に、僕に引っ込んでていいといい、敷地のはまりそうに積もってしまった雪をどけてくれた。 今回は甘えた。感謝だった。有難すぎで。。。

別件。苛立ちを隠せなかった僕の・・・想いもようやく伝えられ・・・気持ちが落ち着いて、翌2月9日冬まつりの練習に入ったのは既に23時だった。いつもなら、とっくに寝てる時間だけど、電子ピアノをセッティングして、本番のような段取りで、部分練習だけした。布団に入ったのは、2時をまわっていたな(笑)


2019.2.9 今日は報道でも記録的な大寒波になると言われていた。気温は氷点下20度近くの朝だった。でも、白い空に太陽の影が、象牙色に滲んで見える。よかった。

ん❣️ 恵まれてるよ❣️ ついてるぜ❣️

大吹雪  覚悟だったんだ。除雪もしなくて済みそう。そう思いながら僕は、出発前にエンジンスターターを2度かけ、車をあたためたつもりになっていた。そして、電子ピアノとスタンドを積んで、意気揚々と車に乗り込む。

「‼️」

まず、音むげん工房敷地内ではまりそうになる。なんとか切り抜け林道にでた。するとブレーキ制御状態に。

あせる。車を降りて雪にはいつくばって車体裏の氷を叩き落とす。エンジンを始動する。何度も何度も繰り返しても、「ABS」の点灯は消えず、ロックされた状態で15Km前後の時速。危なすぎるので、700m先の1番近所のお宅へ車をおかせてもらうことに。知り合いに連絡するが全滅。りえちゃんにヘルプ。既に会場についていたのにこちらへ向かってくれる・・・。が、時間が容赦なく過ぎていく。なんとか間に合わせたい。演奏したい!!

なんとそこへ、車を置かせていただく家の娘さんが、旭川から帰宅。ダメ元でお願いをすると、むかってくれるという。演奏時間まであと45分。札幌からの応援者もいる。演奏中止と判断されては困る。楽器を積み替え、走ってもらった。ドキドキしながら、ひたすら間に合うことを祈った。


助かった‼️ 10分前に滑り込めた‼️ 

ただちに、セッティング。手をあたためる時間などない。PAチェックなどもともとない。ぶっつけなのが市民ステージ。大丈夫! 僕はやれる。絶対にやれる。いや、やる!


(PAさんと必死でセッティング。いったん袖に引込む。MC担当のお姉さんが僕を紹介してくださる。そして、再びステージへ走り込みスタート。応援のうちわが見える!感慨無量。)


届け‼️  音よ  響け! 空へ。

 

僕が 旭川で極寒ナマ演奏をする理由は、本当はなんだかわからない。

必然的に立ち、やめたいとも思わない状況。後付けになってしまうだろうけれどあえて言うなら・・・。

ひとつは、旭川生まれの誇りをもって、この土地のアーティストとしての。 カラオケなんかでなく、ナマ弾きしてこそだ! と。旭川魂に熱くなる。

もうひとつは、僕自身のこと。大きなオペで神経を切り、左腕が全く上がらず、指も動かず状態から弾けるまでに3年のリハビリを要したピアノ。怖いものなんて何もないんだ。極限状態だって、やればできるんだ! と。

やっぱり、マゾか(笑)



今回ね、札幌からスタッフしほちゃんもかけつけてくれて・・・うちわ作ってくれた。アイドルみたい(笑)

前もって、つるちゃんでいい?って聞かれたから、僕は「ひろき」「ひろくん」がいいって答えた。青春期に1番呼ばれたかった。38歳で戸籍訂正した時も、周囲に「ひろくん」て呼んでほしくてお願いしたことあるんだけど・・・だーーーれも呼んでくれず、結局「つるちゃん」のままでさ。だから、嬉しかったよ❣️  51歳で、夢叶って(笑)ありがとう。



(FMりべーるの上條KENさんが、かけつけてくださった! とっても嬉しかった。雪像裏にある楽屋は、河川敷。石狩川も凍っていた。)



(ケイオススタッフしほちゃん、りえちゃん。ありがとう\(^o^)/)


沢山の方たちの恩恵で、僕は5曲無事に演奏やりきれました! 指もげそうなナマ弾きですが、昨年の猛吹雪の演奏に比べたら全然OK。聴いてくださる方も、耳もげそうな状況ですが、最後までステージ下で聴いていてくださいました。感謝です。

来年も、トライしたいです(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾  応援きてね。


この後・・・、音むげん工房へ戻って「ひろきの音塾」 。

そして、残念ながら車は朝と同じ状態だった。ここで再び、りえ父にもお世話になってしまった。結局、修理&車検とお知り合いにお願いする流れに。もう・・・本当に、何から何までお世話になりました。いやまだ途中。感謝。

事件連発でしたが、皆の助けで 。。乗り切ってます。みんなのお陰様の上にあると、心の底から再確認させていただく機会となりました。ありがとう!!!     僕は、音でしかお返しできないかもですが。


※ SNSなどへのシェアは、たまにしかしないので、「ブログ購読」にメルアドを登録してくださると嬉しいです。より、敦賀の想いを感じてください。(携帯メールでも読めます)

Follow me!

関連記事

コメント4件

  • 浮き玉でしこ より:

    まさかの終日運休からの、お天気回復で
    ヨッシャ~!となっていた私。
    旭川に着いて…
    マネージャーとの短いやり取り。そしてスタッフりえちゃんとのメッセ。
    ん?なんだか、ただならぬ事態が起きている様子。
    でも、待つしかない!祈るしかない!大丈夫、きっと大丈夫!!
    つるちゃんの応援に駆けつけた方も、
    次の人狙いの方々も、通りすがりの方も、そして海外からのお客様も
    みんな温かかった!
    来年も「ひろくんコール」したいです。はい、私もクセになってしまいました。
    旭川冬まつり、サイコー。

    • otomugen より:

      浮き玉でしこ様
      コメントありがとう。
      ドキドキさせてごめんね!
      札幌から旭川へ。現地で応援うちわふってくれてありがとう。
      黄色い、いや、レモン色の声援もありがとう(笑)
      来年は、横断幕もほしい! 嘘(笑)
      この極寒ゆえの 感動 知ってくれたのですねーーーー!

  • おてい より:

    つるちゃん、ほんと無事に冬まつりのステージ、
    演奏出来て良かったです。
    前日の未曾有の大寒波・・・。
    どうなる?どうなる?って、心配でしょうがなかったです。
    昨年の吹雪のステージは見ていたから知っているものの、
    気温はその時より絶対低いし・・・。
    電車、バスもちゃんと動くか??・・・もずっと気になってました。
    会場に向かうまでの色々も読ませてもらって、
    胸いっぱいになりました。ほんと良かったね!!って。
    でも、つるちゃんはやっぱり持ってる人です。(^-^)v
    会場に訪れていた皆さんにきっと、
    つるちゃんの心の歌、ピアノが届いた事と思います。
    上條KENさんも応援に来てくれて、ほんと良かったね。

    来年は私も現地で直接応援したい!!
    頼むよ会社。この時期に本社行事入れんとって!!
    つくづく思う今日この頃です。

    • otomugen より:

      おてい様
      読んでくれて、そしてコメントありがとう。
      そして、遠く関西からエールをありがとう!
      昨年は、猛吹雪の中の応援 嬉しかった。
      そう、僕は皆に支えていただいている。本当にそうなんだ!
      来年は、ぜひ 現地応援 よろしくお願いしたい\(^o^)/

  • コメントを残す