toggle
万物は振動! 自然に畏敬の念と感謝をもって、音色を映したい。
2019-01-11

耳元で、、微笑んで、、

奥様の許可をいただいたので、ほんの少しだけ。

1月6日の旭川コンサート、そしてケイオス会員限定の集いを終え、当麻緑郷「音むげん工房」へ帰る車の中で僕は、「それ」を知った。 涙はでなかった。 お疲れ様・・・そんな気持ちだったかもしれない。

コンサート前日の1月5日20時、京都で彼は天に召された。

出逢いは、僕が北海道へ自主避難した2015年8月。札幌での、はじめましての小さなコンサート。すぐに、応援会ケイオスの会員になってくれた。笑顔の素敵な、ちょっと騙されやすい紳士だった。

・・・まもなく彼は・・・・、社長であった彼の、最後の事業だと邁進していた矢先、誤認逮捕というとんでもない出来事で、人生の流れを大きく変えられてしまった。その心労からか脳梗塞で倒れ、3年近く闘病。奥様も随分と頑張っていた。

1月5日、奥様がご自宅へ戻ると、ポストに僕の送った「ケイオス会報」が届いていたそうだ。

僕は、まだ彼が目覚めていないかもしれない・・・と思っていて、「目を覚ましてくれ!」 という気持ちで、手紙を同封した。

それを奥様が、病室の彼の耳元で、読んでくださったそうだ。

そして、その日の夜20時 逝ってしまった。

視力をほぼ失っていた彼は、手紙を読み上げる奥様の声を聞いて、微笑んでいたそうだ。

ひでさん、頑張ったよね。もう一度、大好きな北の大地に来たかったでしょ?

奥様に、ずっとケイオスでいてあげてって言ってくれてたんだってね。

ありがとう。    今は、それしか言えないけれど。


※ SNSなどへのシェアは、たまにしかしないので、「ブログ購読」にメルアドを登録してくださると嬉しいです。より、敦賀の想いを感じてください。(携帯メールでも読めます)

Follow me!

関連記事

コメントを残す