toggle
万物は振動! 自然に畏敬の念と感謝をもって、音色を映したい。
2018-11-22

北翔大学で特別講義(演奏+講義)

最高に有意義な時間だった☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

昨日2018.11.21、北翔大学(札幌)教育学科音楽コース、鈴木しおり教授のもと実現した。ここ、北翔大学は、北海道ドレスメーカー学院から分派した浅井学園創設だそうで、スポーツと教育に力をいれてるとのこと。

なんとお声かけいただいたのはひと月前、ちょうど全国ツアーから戻り、札幌・豊平館でのコンサート直前だった。僕は男性戸籍を得た38歳から幾度となく、大学での講義にお声かけいただいているけれど、教育学部、法学部、福祉、看護、社会学などであって、音楽コースの生徒さんと向き合うのは、今回はじめてだった(≧∀≦)   マジですか〜? と思ったけれど、しおり先生からのご依頼ゆえか、内容もろくに確認せず即答してしまったのだった(笑)

専門的な教授陣、演奏家はご存知でしょうに、なぜお声かけくださったのか?伺ってみた。。。。


・音楽にたずさわる人生の多様性

・自分の道を自分っで切り開くということ

・・・・・・(*´꒳`*)

そこかー❤️٩(๑❛ᴗ❛๑)۶   ということで(笑)、タイトル

「万物は振動。闇と光。いのちの音。

〜音楽コンプレックスの僕が45歳からの音旅に〜

にしてみましたーー(#^.^#)



まさに当日赤ちゃんを出産した学生さん、特別支援学校の実習でーーーなど欠席が数名あったものの、ピアノ、声楽、管楽器、打楽器と多種多様な生徒さんたちと向き合えて、ドキドキだったけれどとっても楽しかった。

僕ね。。。退学しようと思ってたくらい音大時代は暗黒期だったので、感無量だったよ。学生のみんな、良い時間を一緒に創ってくれてありがとうね(^○^)

あなたたち自身が音そのものです。

形を変えても、自分の音を奏で、ご縁を紡ぎ、ハーモニーを感じ、

音の一部であってくださいね。ね!!!



しおり先生。素敵な機会をつくってくださり、ありがとうございました。心より感謝いたします。学生さんがその瞬間だけでも、どんな風に何を感じてくれたか、教えてくださると有難いです。

戻ると、音むげん工房は、雪山の一歩目にはいっていました。浮き玉泊させてくれた、ケイオススタッフの志保ちゃん、前夜の宿泊ありがとう。お陰で安全に、音旅への集中もできました。


※ SNSなどへのシェアは、たまにしかしないので、「ブログ購読」にメルアドを登録してくださると嬉しいです。より、敦賀の想いを感じてください。(携帯メールでも読めます)

Follow me!

関連記事

コメントを残す