toggle
万物は振動! 自然に畏敬の念と感謝をもって、音色を映したい。
2019-03-05

覚悟をもって

僕の過渡期を 1番側で支え続けてくれた

女性「ばとらあ」の命日、3月5日 今日です。

僕の大切な1ページ。

過去記事を是非 読んで 知っていってほしい。

こちらをクリック →→ ばとらあ命日


(左上:永遠の女性「ばとらあ」左下:僕の大好物「 刀削麺」右:銀河♂と黄金♀)


ばとらあを 亡くして、気付いたあの日、

僕は、覚悟をもった。

自分の甘さから、まとわりつく過去 を

勇気をもって 手放した。モノとヒトと。

大切な ヒトは、コトは、必ず残る。

 

僕は自分の曲の「心の場所」を実践した。

お金も 仕事も 異性も 同性も

過去にしがみついている間は、拓けていかない。

拓けないと思う時、断捨離をするといい。

学べばいい。

覚悟の差が、考える力や努力へと姿をかえ、

新たに進むための準備となる。と感じてる。

 

僕も・・・今も・・・

覚悟を忘れないようにしているよ。

「ひろきの音塾」では、そんなコトも

音を通して、学んでほしいと思っている。


※ SNSなどへのシェアは、たまにしかしないので、「ブログ購読(無料)」にメルアドを登録してくださると嬉しいです。より、敦賀の想いを感じてください。(携帯メールでも読めます)

Follow me!

関連記事

コメント2件

  • 浮き玉でしこ より:

    過去も現在も、周りを取り巻くもの、そして人に…
    執着しない事ですよね~。
    相手をがんじがらめにするのは、自分自身をがんじがらめにする事でもある。
    そして「終わりの始まり」がやってくるのだ。遅かれ早かれきっとそうなっていくと思う。
    お尻がモゾモゾするような居心地の悪いコミュニティを抜けた時
    「別に独りになっても構わないわ」と思ったけど、捨ててみたら
    全く違う新しい世界が見えてきた。
    終わりからの始まりでもあった。

    私の唯一の愛犬、最後は一緒に居れなかった。高校の時で、具合の悪い彼に後ろ髪引かれる思いで仙台に帰ってすぐ…母の腕の中で旅立ちました。

    • otomugen より:

      浮き玉でしこ様
      いつも 執着しない
      その言葉いただいてますね。
      僕も実は それを28歳の時脚本も手がけた
      ミュージカル「コルナ」の:中で表現してたりします。

      いつも:コメントありがとう!
      書く励みになります。

  • コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。