toggle
万物は振動! 自然に畏敬の念と感謝をもって、音色を映したい。
2017-09-30

冬の匂いのする日に(生後9か月目)

黄金♀と銀河♂ のことをここに書いたのは、3月だったことにふと気づいた。

当麻緑郷での初めての冬に、毎日毎日闘いのような日々で・・・・。そして雪解けとともに、自然界も僕もあきも一斉に動き出した。7か月近い極寒の世界の生活を取り戻すかのように。

ようやく僕らは、少しずつ長年染みついた東京でのサイクルから、北の生活へと馴染もうとしている。

 

春・・夏・・音むすびの旅も9月18日渡辺淳一文学館(札幌)でのコンサートを終え、年内は近郊での種まきや講演が残されている。そして次に備えて、落ち着いて音に向き合う時間も必要。

黄金♀と銀河♂のこと。

本当は一番変化する6か月間を追うはずだったのに、なんと9か月目になっていた。後日、少しずつ思い起こしながら、僕とあきに欠かせないふたりの家族の成長を残しておこうと思う。おきたい。

 

「昨年よりさ~、暑い夏って感じる日が少なかった気がしない?」

妻あきとそんな会話が頻繁にでる。お借りしている音むげん工房の敷地を、黄一色に埋め尽くす反魂草も花が落ち、茎もしなって大地に倒れこんでいる。かわってススキが風にゆらぎ、蜻蛉の大群が、澄んだ空に、ときに地表近くに飛び交う。そんな僕らを取り囲む世界。





(もうじき栗ごはんかな)


僕とあきは、いつも一緒に恵みをいただく。感謝。



そして、こんなに大きくなりました!!

内弁慶で人見知りだった銀河♂は、黄金♀の倍近く大きくなり、お腹がぼよんぼよん(笑)。
お客様にも寄って行けるほどになった。大きな声でのおしゃべりと、甘えん坊は変わらずだけど。
じっと人の目をみて理解力のある子。面倒見のよい子。



赤ちゃんのときは、全く人見知りしなかった  黄金♀ は、家から病院に連れていかれたのを機に、現状を変えられることに物凄い恐怖をもって、錯乱状態で泣くように。最近はお客様へ馴染むのに時間がかかるようになった。
それから、相変わらず指にちゅっちゅする甘えん坊。一日10回はちゅっちゅ儀式があるかなあ。そうすると安心するんだね。きっとね。僕がピアノを弾いているとき、側で聴いてくれてるのは彼女。



ふたりはいつだって、仲良しさ。大きくなったね。




2日前、地元、大雪山系旭岳で初冠雪。
冬の匂いがする・・・もうじき、雪虫が舞うのかな。

===========================

ブログをメールで購読(ぜひ登録しくてね!)

メールアドレスを記入して購読すれば、

更新をメールで受信できます。

Follow me!

関連記事

コメント2件

  • 太田敦子 より:

    つるちゃん、素敵な投稿ですね!
    短かった秋
    もう時期長い長い冬が、またやって来るんですね!去年の経験に少しは覚悟的な気持ちもあるでしょうが、厳しい冬
    元気に迎えて欲しい。

    銀河に黄金
    それぞれの個性で、癒される心はいっぱいになるよね!
    自然とピアノと暖かいお料理と
    大好きな明さんと2ひきの家族

    つるちゃん、繋がってる事に感謝
    楽しみと元気を頂けて
    ほんとに、ありがとう♪

    • otomugen より:

      僕もあつみんには、いっぱい感謝だよ。
      昨年の冬。50手前の年齢で、北の国からを地で行ってるこの場所で、毎日毎日のりこえるので精一杯だった。
      その中で、音活動 ご縁をつくらなければと・・・・人が思うほど簡単な生活でなかったのだけど、それでも僕らを信じて待っていてくれる人たちもいる。
      ただただ ありがとうなんだ。 越えていくから、今年もね。あつみんも、大丈夫!って信じて、いこうね。

  • コメントを残す